趣味で動画を撮り始めました

私は先日、ある動画サイトで有名な方の著書を買い、読みました。もともとはお笑い芸人だったというその著者は、人を楽しませるための動画を毎日撮り、それをユーチューブにアップすることを目的に頑張っていたそうです。
開始当初はお金になるわけでもないのにネタづくりや動画編集に四苦八苦していたらしいのですが、毎日動画をアップすることで閲覧回数が次第に増えていき、広告収入を得られるまでになったといいます。そして、最初はわずかな広告収入がやがて額も増えていき、今では会社を設立するまでにいたったというから驚きです。
私の周りには、副業のために、好きでも興味があるわけでもないのにFXや株式投資などに走る友人もいますが、そこに本心からやりたい気持ちがないために挫折するのも多いのが現状です。
私はこの著者の本を読み、まずは稼ぐという気持ちはなくして、単純に自分が楽しめる動画を作ってみようと思い、何本か自宅で撮影しました。ある食べ物を毎回味を変えて食べ続けるという、簡単な内容になっていますが、動画に移る自分の動作や話し方に、それまではわからなかった自分のクセまで発見することができ、楽しんでいます。
子どもたちも私が撮影をしているのが楽しいらしく、それがユーチューブにアップされるとゲラゲラと笑いながらもアドバイスまでしてくれます。新たな動画という趣味が見つかり、よかったと思っています。

ページのトップへ戻る